旅×海×

旅×海×

綺麗な海とワクワクを求めて世界一周中。30代ゆるめのバックパッカーの旅に役立つ情報と大好きな海のこと。あとは日常のどうでも良いこと綴ります

GBRに潜ってワクワクする

どうもteriyakiです。世界一周に出てから一週間。現在はオーストラリアのゴールドコーストにいます。

 

 ゴールドコーストはとっても治安がいいんです。さすがオーストラリアの一大観光地。綺麗な砂浜、抜群の治安、青い海。ってやつです。

 

 

ほら、だからたまたま立ち寄ったトイレが

f:id:teriyaki44:20170507180611j:plain

 

 

 

 

 

 

 …何があったんだろう。

 

 こんなに治安のいい場所で、こんだけトイレを無茶苦茶にするやつ。そうとう固いのがでてお尻がえげつないことになったとか。 

 便秘に悩まされて千年。記念すべき日にもやっぱりでなかったとか。何かあ

ったんでしょうね。大丈夫ですよ。本当に治安はいいから。

 

 

 さて、今回はそんなゴールドコーストにくる手前、GBRに潜ってワクワクするお話。

 

世界有数の海で潜る

 

GBRって何の略??

ところで、みなさん。GBRって何の略かわかりますか??いや、あれでしょ?ここで一回大喜利的にぼけとかなきゃいけないんでしょ??座布団一枚みたいなくだり欲しがっているんでしょ??

 

 

 

グレートバリアリーフだよ!

 

 

ぼけねーよ!!

 

 

 

そうです。最高の海、グレート・バリア・リーフ

 

そこで、少し気になったんですが。このバリアって一体何なんだろう??

 

バリアといえば、私の中では

「ちびっ子が使う崇高でもはや何者にも破ることのできない最後の手段」

 

必死の思いで追いかけた背中。息を切らしながら追いついたあいつ。ようやく「鬼」と呼ばれ人として扱ってもらえないまさに地獄の日々から解放されようとしたその時、あいつは平然とした顔で言い放つ

 

「バリア」

 

 

 おい、待て。俺がお前をどんな気持ちで追いかけたのか知っているのか??

 「鬼」という赤か青しか選択肢のない、地獄の象徴みたいなレッテルを貼られ、人々は私の顔を見れば必死の形相で逃げ出す日々。大好きなあの子にすら避けられ、挙げ句の果てに隠れられ。

 

 「早く人間になりたーい」

 

一心で、重い身体にむち打ち、動悸、息切れ、めまいと戦いながら、ようやく追いついたお前の背中。

 

 

そんな一言でどうにかなると思っているのかー!!!!!

 

しかし、バリアは無敵。どや顔のあいつを守る、崇高な魔法。

 

 

すいません…話がそれました。

 

実際には、バリアというのは「障壁」などという意味で、グレートバリアリーフは簡単にいうと

 

すごい

 

壁の

 

珊瑚

 

なんですね。

 

簡単に行けるわけじゃない

 

 とはいってもやはり、簡単に行けるわけじゃないGBR。シュノーケリングするにもダイビングするにも、船を出していかなければなりません。

 

 というわけで、まずはケアンズでツアーやダイビングのショップ探し。町を歩くといろんなツアーが看板で紹介されているので、英語に自信があったり、とにかくやぶれかぶれだ。俺はグレートに行くぞって人は、町のショップにアタック。

 

 もちろん日本の会社もたくさんツアーを組んでいます。

 

 今回は、ダイビングが目標でせっかくのGBRしっかり楽しみたいということで日本語ガイドというか日本人が経営しているここに申し込みました。

 

ケアンズのダイビングショップ | ダイブセブンシーズ DIVE 7SEAS オーストラリア | グレートバリアリーフでダイビング

 

 

当日案内してくれたげんさん。とってもいい人ですごくいいガイドさんに巡り会えたなーと思っていたら、あとから名刺を見ると…

 

代表取締役社長!!!!」

 

GBRで手厚くもぐるならここしかありません。

 

というわけで

ホテル前まで迎えにきていただき、バンで船が出る町まで移動します。船が出るのは、

「ポートダグラス」

という町。だいたいケアンズから1時間ちょっとくらいで着きます。すごくいい町でした。大人のリゾートって感じで、落ち着いていて、ケアンズに何回か来たら、次はここを拠点にするのもいいかもって場所。海外セレブもみなさんこの近くにたくさんの別荘をお持ちだそうです。

 

町に着くと、船に乗ります。今まで様々な船と戦い、船酔いを経験し、海に思いのたけをまき散らした経験のある私。船とのご対面はいつも緊張ですが、今回はすごく大きな船で安心。

 

 

 

 

 

中に入るといつの間にか出航していて、お姉さんが船のブリーフィングを始めます。

 

もちろん、英語。

 

 

私は、周りの別のツアーの外国人たちが笑うタイミングで0.5秒遅れて同じように笑い、手を叩き、うなずきまくりながらそのブリーフィングを終えました。

 

聞き取れた単語は

 

「ライフジャケット」

 

のみ。

 

 

いいんです。そのあと、ちゃんとげんさんが船のこと、海のこと、詳しく説明してくれたから。

 

 

そんなこんなで1時間半ほど沖に出ます。

 

GBRにはたくさんのポイントがあるのですが、今回我々が行ったのは最北端のリーフポイント。

 

海の色が違う!!

 

実際に潜ってみると…

 で、海の中がどうなっていたかというと。本当に、グレートなバリアのリーフがありました。

 

f:id:teriyaki44:20170507180947j:plain

 

 

魚は固有種もたくさん居て、見応え抜群なんですが、もうなんせ、珊瑚がすごい!!珊瑚でこんなに興奮するなんてー!!!

 

ちなみにサメもいます。

f:id:teriyaki44:20170507181343j:plain

今回は見れませんでしたが、運が良ければカメやナポレオンフィッシュも見れちゃいます。

 

 

もはや潜るしかない。それ以外の選択肢は、オーストラリアのGBRという場所ではありません!!

 

まとめ

 興奮冷めやらぬまま書いた今回のブログでしたが、あれは実際に潜って見ないと人生の半分損します。そこまで行って間違いなし!!

 そこのあなた。珊瑚に興奮したことありますか??ないでしょ??興奮できるんです。珊瑚で。

 

 ライセンスがなくても、大丈夫。体験ダイビングも行われています。こんな海で潜ったらライセンスとりたくなること間違い無しだけど。

 

最高の珊瑚。綺麗な魚。オーストラリアケアンズに来たからにはワクワクしたければこの選択は必須ですよ!!