ワクワク追求ブログ

ワクワクすることをやって生きる。そんな人が増えるために、「旅」「海」「本」「ライフスタイル」を中心に発信します

バンコクから行ける島 サメット島 厳選ビーチ3選

f:id:teriyaki44:20170831125034j:plain

 どうもteriyakiです。皆さんはバンコクから手軽に行けるサメット島をご存知でしょうか?タイの海といえばプーケットやクラビのイメージが強いですが、バンコクからは距離があるのでどちらも観光するのはなかなか難しい。でも、サメット島に行けばバンコク観光の後、少し足を伸ばすだけで素敵なビーチに行くことができてしまうんです。

 

 

 サメット島とは

 サメット島は、バンコクからバスで3時間半、そこから船で約45分ほどで着く島です。バンコクから行ける海としてはパタヤが有名ですが、そこよりも透明度が高くて綺麗なビーチが広がっています。またパタヤよりも人も少なく、のんびりとした雰囲気なので、ゆっくりとリゾートを楽しみたい人にもってこいの島なんです。

 

サメット島にはビーチが多い

 今回はそんなサメット島の厳選ビーチ3選のご紹介です。サメット島にはたくさんのビーチが点在していますが、全て行く必要はありません。これは実際に全て行ってみた僕が言うので間違いなし!!厳選した3つのビーチを上手に回って、のんびりとタイの海を満喫してください。

 

 ちなみに、どのビーチもアクセスの方法としては、島の中を走っているソンテウに乗るか、レンタルバイクで行くか、必死で歩いて行くかになります。僕の一番のおすすめはレンタルバイク。今回紹介するビーチは、全て舗装された道を走って行けるビーチばかりなので、レンタルバイクを借りて行くのが一番便利です。

 

ちなみにサメット島の地図はこんな感じ。

f:id:teriyaki44:20170831123005j:plain

サメット島の厳選ビーチ

1 AO PHRAO

f:id:teriyaki44:20170831124911j:plain

 島の東側にあるビーチです。アクセスはサイケーオビーチから5分くらいです。

透明度:4

砂浜:白砂、綺麗

人の多さ:少なめ

料金:フリー (かかると聞いてましたが、僕らが行った時はフリーでした)

設備:トイレ、シャワー、ビーチチェア

周辺施設:レストランバー1店舗

アクティビティー:シュノーケル(貸し出しは無い)、海水浴、浜辺でゆっくり

 

 このビーチがこの島一番のおすすめです。透明度も群を抜いてるし、人も少なめなので、かなりのんびりできます。白砂で、砂浜もとても綺麗です。遠浅なので海水浴にもぴったり。浜のサイドに岩場があり、そこに魚がいます。沖まで出れば珊瑚もあ流ので、得意な人はシュノーケリングも可。ただし、貸し出しは見当たりませんでした。

 

 ここは、リゾートホテルの前にあってビーチチェアは一部そこの宿泊客しか使えません。そこの系列のバーのようなレストランがあるので、ビールなどはそこで購入可能です。ご飯も食べられます。

 

 とにかく、綺麗な海と砂浜でのんびりと過ごしたい人にはここはおすすめ。間違いなく、この島最高のビーチです。

 

2 AO PAI

f:id:teriyaki44:20170831130401j:plain

 ここはサイケーオビーチから少し歩いた先にあるビーチです。(歩いてアクセス可能です)サイケーオビーチよりものんびりとした雰囲気が漂いますが、周辺に適度に店もあり便利です。海も綺麗で、白砂のこじんまりしたビーチという印象。

透明度:3.5

砂浜:白砂、綺麗

人の多さ:普通

料金:フリー

設備:トイレ、ビーチチェア

周辺施設:レストラン数軒、バー数軒

アクティビティー:シュノーケル、海水浴、浜辺でのんびり

※ここは、浮き輪やシュノーケルの貸し出しが可能

 

 こちらもどちらかというとのんびりするビーチです。ただ、ここはアクティビティーの貸し出しがあったり、周りにバーなども何軒かあるのでメインビーチではしゃぐほどでは無いけど、少し便利なビーチが良いかなって人におすすめです。物価もサイケーオより少し安いのでバックパッカーにはこっちがおすすめ。

 

3 サイケーオビーチ

 言わずと知れたサメット島のメインビーチ。アクティビティーを思いっきり楽しみたい!!一番便利な盛えたビーチに行きたい!!って人はここが一番おすすめです。

 

透明度:3

砂浜:白砂

人の多さ:多め

施設:トイレ、シャワー、ビーチチェア、

周辺施設:バー、レストラン 多め

アクティビティー:バナナボート、パラセイリング、マッサージ、海ではしゃぎたい、

※浮き輪など様々な貸し出しがあります。マッサージもあり、物売りの人もいます。

 

 物売りもいますが、そこまでしつこくはありません。ここでもある程度は穏やかに過ごすことも可能です。透明度も悪くはなく、砂浜も白砂で綺麗なので遠くにいくのが面倒臭い人はここで十分楽しめます

 

 便利さにかけては、ここが一番。もう一つ、島の南側にアクティビティーができるAO VONGDUEANというビーチがありますが、ここの方が栄えているので近くに泊まっている人以外はここで十分だと思います。

 

 他のビーチに比べて少し物価も高めなので、それは覚悟しておいた方が良いと思います。

 

 

まとめ

 今回はサメット島のビーチを厳選してお伝えしました。たくさんのビーチがありますが、他のビーチは今回紹介したビーチよリモ不便だったり、規模が小さかったり、道が悪かったりするので行く必要はありません。

 自分のタイプにあったビーチを選べば良いと思いますが、僕が心からおすすめするのはAO PHRAOです。全てが一番のビーチなので、ここに行けば間違いなし!!

 

 皆さんもぜひこのサメットのビーチにのんびりしに訪れてみてくださいね!!