ワクワク追求ブログ

ワクワクすることをやって生きる。そんな人が増えるために、「旅」「海」「本」「ライフスタイル」を中心に発信します

サメット島 バンコクからのバスでの行き方とおすすめ宿

f:id:teriyaki44:20170909204206j:plain

 

 どうもteriyakiです。タイの海といえば、プーケットピピ島。そんな名前が出てきそうですが、ここサメット島も負けていません。バンコクからバスで3時間半。こんな良い島があるのに寄らない手はない。

 

excitinglife.hatenablog.com

 

 

 今回はそんなサメット島バンコクから行く方法と、30代バックパッカーが安宿探して行くなら絶対おすすめの安宿があるので紹介です。

 

 

バンコクからバス サメット島への行き方

とりあえず、まずはエカマイバスターミナルへ

 というわけで、空港だろうが、カオサンだろうが、バンコクのどこに居るにしてもまず目指すは、エカマイバスターミナル(東バスターミナル)。

 

エカマイバスターミナルでどうすれば?

 無事にエカマイバスターミナルに着けたら、まずはバーンペー行きのバスチケットを購入します。バスターミナルの中は、いろんな行き先がありますが各窓口の上に行き先が英語で書かれているのでチェックしてください。わからない場合、とりあえず近くのカウンターで「バーンペー」と連呼しましょう。どこに行けばいいか教えてくれます。

 

 ちなみに、バスの気になるお値段ですが、我々夫婦の行った時は一人251バーツで、船の往復券着きで買えました。

 

 バスの時間は、5:00〜あるそうです。だいたい1時間に一本程度の運行スケジュールでした。

※我々は8:30のバスに乗りました。

 

 ということでチケットを買ったらあとは待つのみ。近くにはセブンイレブンがあるので、お菓子やジュースをゲット!!

 

バスの車内

 バスの車内は特筆すべきことはありません。行きも帰りもトイレ付きのバスで、足元は広く快適でした。その分、休憩はありません。

 

バーンペーに到着 港での乗船方法

 行きは予定通り、3時間半きっかりでバーンペーに到着。ここから船に乗るために、荷物を受け取り、港へ向かいます。ちなみに、帰りは渋滞がひどく、バスが壊れ6時間かかったので、必ずしも時間通りとは限りません

f:id:teriyaki44:20170909204400j:plain

 

 荷物を受け取ると、そのまま港へ。ちなみにバスは港の前の道で停まるので道を渡って進んで行くと、船着場が見えてきます。

 

 港に行くと、声をかけられますが、その正体はツアーとホテルの斡旋業者でした。必要無い場合、無視しても大丈夫です。そのまま乗り場の手前にあるカウンターまでいき、チェックインを受けてください。その際に、次の船の時間を教えてくれます。なお、船のチケットが無い場合はこのカウンターで購入可能。往復で買う方が割安になるので、期限内に帰ってくるぞという人は往復で買いましょう。

f:id:teriyaki44:20170909204338j:plain

 

 言われた出航時間の少し前に船まで行くと乗船可能です。その辺にいる人にチケットを見せながら歩いていると、どの船に乗ればいいか教えてくれます。

船に乗船〜サメット島

 あとは45分ほどでサメット島に到着します。スピードボートと大きめの船があり、我々は大きな船でした。スピードボートなら30分程度だそうです。

 

 到着すると、すごい銅像が我々を迎え入れてくれます。

f:id:teriyaki44:20170909204206j:plain

 

 

 最後に入島料

サメット島 30代バックパッカーにおすすめの個室安宿

 サメット島にはたくさん宿がありますが、そんな中でも今回我々夫婦が泊まったサメット99は本当におすすめです。

サメット99基本情報

名前:サメット99

場所:港から歩いて10分

アクセス:港からサイケーオに続く一本道を歩くと、右側に坂が見えるのでそこを登ると看板が出ている。

施設:個室 ダブルベッド エアコン 部屋にシャワー、トイレあり バスタオル

 

www.agoda.com

 

部屋の中

f:id:teriyaki44:20170909203239j:plain

 ベッドはこんな感じで、バスタオルとバラが迎えてくれます。ベッドはふかふか清潔で気持ちいー!!

f:id:teriyaki44:20170909203442j:plain

 シャワーもトイレも完備で、なかなか綺麗でした。お湯の温度調節が少し難しいところが難点。シャンプーなども有り、水も冷蔵庫も有ります。

 

 気になるwifiも速度は完璧。ただ、ある一定の時間だけ急に使えなくなることが有ります。理由はわかりません。しかし1時間くらいで復旧するので、問題なし!!

 

おすすめの理由

 もう、ここをおすすめする理由はその立地の良さおじさんの気さくさです。一番の賑わいを見せるサイケーオビーチに歩いて行けるし、メインロード沿いなのでレストランなどにも困りません。欧米人のおじさんは、とても気さくで会うと声をかけておすすめのビーチなどを教えてくれます。

 

まとめ

 今回は、バンコクから3時間半で行けるビーチを紹介しました。バンコクに行ったけど、海にも行きたい人には超おすすめ。ここを目当てにバンコクに寄り道でも良いくらいです。ぜひ、皆さんもこの記事を参考にサメット島に行ってみてください!!最高にリラックスした時間が過ごせますよ。