ワクワク追求ブログ

ワクワクすることをやって生きる。そんな人が増えるために、「旅」「海」「本」「ライフスタイル」を中心に発信します

ヨーロッパのカップルのキスのタイミングがいまいち掴めない問題

どうもteriyakiです。

今回は旅に出てからずっと直面しているこれ。

ヨーロッパのカップルのキスのタイミングがよくわからない問題

アジアを旅している頃からずっと思ってたんです。

欧米の人達は公の場でもガンガンキスする。

いや、それは良い。ただ気になることがある。

それ、どのタイミングでのキスなん。

本来のキスのタイミング

本来あるべきキスのタイミングを考えてみよう。

久しぶりの再会 これはうなずける

夜寝る前。うむ。

朝出かける時。はい。

ダイヤの指輪を渡したあと。あー

とかですよね。

不意すぎるのだ、彼らのキスは

それがだ、ヨーロッパの人達はよくわからんタイミングでのキスをとりおこなう。

例えば今日みたのは、ホームで電車を待っていて電車がきたとき。

他にも、ダイビング後の船の上でりんごジュースを手渡しで配っているとき。

まさかの道路を渡ったあと。

というか、もはや言葉にできないタイミングがいっぱい

私はキスすることを否定しているわけではない

そう。別にそれはカップルの自由だからキスはいつしても良い。

ヨーロッパの人達は公の場でも愛情表現が普通だし、日本もちょっとくらい真似しても良いと思う。

ただ、困らないのだろうか。

え?!今キスするん??とか

ここキスやろー思ってガーって顔近づけたら相手がそんな気なくて急に振り返って歯と鼻があたって痛いとか。

キスだなと思って相手見たら鼻かんでるとか。

まとめ

なんでもいーや。