ワクワク追求ブログ

ワクワクすることをやって生きる。そんな人が増えるために、「旅」「海」「本」「ライフスタイル」を中心に発信します

旅先でのプロポーズはハンガリー ブタペスト 

どうも凡人ひと見知り兼ワクワク追求家のteriyakiです。旅先でロマンチックな景色を見ながらプロポーズしたいそこのあなた。ブダペストに行きましょう。

f:id:teriyaki44:20171103162234j:plain

 

 

 プロポーズにはハンガリーブダペスト

 意中のあの子に、いよいよプロポーズ。あの子は旅が好き。だから旅先でプロポーズしたい。そんな時は、ハンガリーブダペストに限ります。

 

なぜブダペストなのか??

 それは、ハンガリーブダペストの景色が綺麗すぎるから。

f:id:teriyaki44:20171104064026j:plain

こんな幻想的な景色や

f:id:teriyaki44:20171104064236j:plain

こんなロマンティックな景色も


C-C-B Romanticが止まらない (1985)

 

ロマンチックちゃいますからね。ティックですからね。ここでプロポーズすると8倍増しです。

 

実際にプロポーズの手順を考えてみた

用意するもの

指輪

カメラ

大きなカバン

甲冑

 

というわけで出発

 出発時間は夕方が良いです。季節は秋から冬にかけて。外に長時間いることになるので、寒すぎる時期、暑すぎる時期は控えましょう。

 

最初に目指すのはここ

[http://]

ここからスタートしてください。白い橋です。

 

まずはスイーツで小腹を満たそう

 さぁ今からプロポーズだ!!という時にお腹がなるほど絶望的なことは無いので、まずはお腹を満たしましょう。

 

 おすすめのお菓子はこれ

f:id:teriyaki44:20171103165312j:plain

これは屋台のやつだけど

クルトゥーシュカラーチというバームクーヘンのニセモンみたいなお菓子です。いや、口が悪いですね。これ美味しいんです。

 

発音難しいですからね。「俺、おすすめのクルトゥーシュカラーチ」知ってるんだって噛まずに言えただけで、イケメン度が2%ほど上がります。練習しましょう。お風呂で100回。

 

おすすめのお店はこちら

 

[http://]

 

さっきの橋からも近いので、歩いてすぐ。かなりの人気店です。

 

穴の中に生クリームを突っ込むという荒技繰り出されていましたが、プロポーズ前にそんなん食べると「こいつ将来絶対太るやん。食費かかりそう」って思われるので、ここでは我慢しましょう。

 

少し日が沈んできたら川沿いを散歩

 日が沈みかけてきたら川沿いを散歩します。

f:id:teriyaki44:20171104070500j:plain

まずは川沿いの夕日でロマンティック度を上げておきます。

 

大切なのはここで言うセリフ「こうやってハンガリーで君と一緒に夕暮れ見れて俺って本当幸せだわ。」ですね。100回練習しましょう。トイレで。

 

f:id:teriyaki44:20171104070824j:plain

f:id:teriyaki44:20171104064026j:plain

ブダ城 これには後から登りますからね

次の行き先はセチェーニ鎖橋

完全に日が暮れたら目指すはセチェーニ鎖橋です。

f:id:teriyaki44:20171104071241j:plain

ライトが灯り出すととても綺麗です。

[http://]

 

ここで大切なことが1つ。「鎖橋」って発音すると「くさり橋」なんですね。今からプロポーズするのに、「腐ってる」みたいに聞こえるので「セーチェーニブリッジ」と発音することを強くおすすめします。

 

橋の前にはライオンが

f:id:teriyaki44:20171104071603j:plain

ここで言っておきたいセリフは「心配しないで大丈夫。俺がついてるからね」ですね。これは、練習の必要ありません。

 

橋を渡った先のケーブルカーに乗ろう

 橋を渡りきるとそこにはケーブルカーが。これで先ほどの「ブダ城」まで登れるわけです。これは必ず登りましょう。上から見る夜のブダベストが果てしなく綺麗です。

 

f:id:teriyaki44:20171104072144j:plain

チケット代は往復で1800HUF(約900円)です。当然、君が出すんだぞ。ここでケチケチするな。

 

登った先にはこんな光景が

f:id:teriyaki44:20171104072457j:plain

 

f:id:teriyaki44:20171104072713j:plain

先ほどのブダ城が目の前に

いいですか。ここで仕上げの一言です。

 

「すごい綺麗な景色だね。でも、あの景色の綺麗さも君の綺麗さにはかなわないよ」

 

100回じゃ足りない。でも、ポイントは練習なんかしてないよ感を出して言うこと。

 

一回お茶する

 焦ってはいけません。ここで先へ先へ進もうとせずにお茶しましょう。ブダ城を左手にみる形で、進んで行くと町があるのでそこのカフェでお茶します。

 

 ここで食べたいのはこれ。

f:id:teriyaki44:20171104073225j:plain

もはや、可愛さの塊。あなたの未来の嫁が大好きなフォトジェニックというやつです。なんだこのケーキ。クレーメシュという名前ですからね。嫌がらずに暗記暗記。

 

いよいよプロポーズ

 で、いよいよ本番です。僕がブダペストでプロポーズするのにおすすめするのがここ。

f:id:teriyaki44:20171104073940j:plain

f:id:teriyaki44:20171104074200j:plain

 ここは「マーチャーシュ聖堂と「漁夫の砦」という場所。この2つがライトアップされて、その白が照らし出され。思わずうっとり。光の幻想に、聞こえるのはバスキングをしているヴァイオリニストの音色。

 

 かつて、こコマでプロポーズにふさわしい場所があったでしょうか。

 

しかし、もう一段階

 しかし、まだなんです。まだ焦ってはいけません。思い出してください。持ち物の欄に「甲冑」があったことを。「大きめのバッグ」は甲冑を入れるためのバッグですからね。

 

 で、やって欲しいことはこれ。

 

ドラクエで城守っている兵士ごっこ

 

 説明しよう。甲冑を着て、漁夫の砦に立ち、遠くを見つめるだけでドラクエで城守っている兵士ごっこがここではできてしまうのだ!!

 

f:id:teriyaki44:20171104075054j:plain

わかりますかね?左上のとんがり屋根の下に僕が立っているの。僕の場合はプロポーズじゃなくて観光メインなので、甲冑は着てませんが、ここに甲冑着て立ったらドラクエです。

 

 この一段階を挟むことによって彼女は

「この人は、本当にお茶目」

 

「あぁ、こいつ。ドラクエ好きなんや。じゃあ最悪家でドラクエやらしといたらたまには私が女友達と遊びに行っても、怒らんと許してくれるやろ」

 

となるわけです。

 

とうとうこの時はきた

 甲冑着たままmプロポーズです。え?セリフ?

 

それは自分で考えたまえ。

 

成功しても失敗しても、この景色があれば大丈夫!!

 

f:id:teriyaki44:20171104075600j:plain

ちなみにこれ国会議事堂ですからね

f:id:teriyaki44:20171104075729j:plain

f:id:teriyaki44:20171104075911j:plain

ワクワクをまとめると

 ということで、旅先でプロポーズして意中のあの子と結ばれてワクワクしたいあなたには、ハンガリーブダペストがおすすめです。

 決して一人で行ってはいけません。こんな景色見たら逆に切なくなります。

 

 この光の幻想。人生に一度は見ておく価値のある景色でした!!